国立 老人ホーム

MENU
国立市の老人ホーム・介護施設を探す

 

要介護認定

介護サービスの利用を申請すると、どのくらいの介護が必要か、調査と審査が行われます。

訪問調査と審査

国立市の職員などが自宅を訪問し、心身の状況について本人や家族から聞き取り調査を行います。聞き取り調査は全国共通の調査票にもとづき、基本調査、概況調査、調査員による特記事項の記入を受けます。 

 

 参考:基本調査の内容

  • 麻痺等の有無
  • 拘縮の有無
  • 寝返り
  • 起き上がり
  • 座位保持
  • 両足での立位保持
  • 歩行
  • 立ち上がり
  • 片足での立位
  • 洗身
  • つめ切り
  • 視力
  • 聴力
  • 移乗
  • 移動
  • 嚥下(えんげ)
  • 食事摂取
  • 排尿
  • 排便
  • 口腔清潔
  • 洗顔
  • 整髪
  • 上衣の着脱
  • ズボン等の着脱
  • 外出頻度
  • 意思の伝達
  • 毎日の日課を理解
  • 生年月日や年齢を言う
  • 短期記憶
  • 自分の名前を言う
  • 今の季節を理解
  • 場所の理解
  • 徘徊
  • 外出すると戻れない
  • 精神・行動障害
  • 社会生活への適応
  • 過去14日間に受けた
    特別な医療について
  • 日常生活自立度

 

また本人の主治医に心身の状況についての意見書を作成してもらいます。主治医がいない場合には国立市の指定した医師が診断します。

 

公平な判定を行うため訪問調査の結果は全国共通の判定ソフトにより処理されます。(コンピュータ判定)

 

その結果と、特記事項、医師の意見書をもとに、介護認定審査会が審査し、どのくらいの介護または支援が必要か(=要介護または要支援状態区分)を判定します。

 

※介護認定審査会
国立市が任命する保険、医療、福祉の学識経験者で構成され、介護の必要性について、総合的な審査を行います。

 

認定結果に納得できないときは

60日以内に、都道府県に設置されている介護保険審査会に申立てをすることができます。

 

申請後、認定結果が通知されるまでの間に介護サービスを利用することは

「暫定ケアプラン」を作成することで、1割の利用者負担でサービスを受けることができます。

 

介護できる家族がいる場合の認定結果への影響は?

要介護認定は本人の心身の状況を基準にしますので、介護する家族がいる、いないは、要介護区分の認定には影響しません。

 

要介護認定結果の通知