MENU
国立市の老人ホーム・介護施設を探す

 

国立市の介護サービス利用の流れ

介護サービスを利用するには、まず、サービスを受ける自治体に申請して、訪問調査や介護認定審査会の審査を経て、「介護や支援が必要である」と認定されることが必要です。こういった認定のための手続きは、どの自治体もほぼ同じです。

 

国立市では下のような流れになっています。(参考:国立市ホームページ)

 

1.申請する

日常生活を送るために介護や支援が必要な人は、国立市の窓口に「要介護認定」の申請を行います。

要介護認定の申請

 

2.要介護認定

訪問調査、介護認定審査会を経て、1ヶ月程度で要介護認定が決定されます。

訪問調査


訪問調査員(市職員など)が、本人や家族などへの聞き取り調査を行い、心身の状況を調べます。

 

介護認定審査会

保健、医療、福祉の専門家が、訪問調査の結果と医師の意見書をもとに審査し、介護を必要とする度合いを認定します。
  要支援1・2/要介護1/要介護2/要介護3/要介護4/要介護5/非該当(自立)

要介護認定

 

3.認定結果の通知

国立市から認定結果が通知されます。(原則として申請から30日以内)
認定結果などに疑問や不服がある場合は、60日以内に、東京都に設置されている「介護保険審査会」に申立てをすることができます。

認定結果の通知

 

4.在宅か施設かを選択

要介護認定の結果をもとに、在宅サービス、あるいは施設サービスを選択します。

在宅サービスを利用


本人が在宅のまま介護サービスを受ける形態です。自宅に訪問してもらって介護サービス受ける方法と、施設に通って介護サービスを受ける方法があります。

居宅介護サービス(在宅介護サービス)の詳細

 

施設サービスを利用

施設に入所(入居)して介護サービスを受けます。なお施設によっては「要支援」の人は施設サービスを利用できません。

施設サービス(施設介護サービス)の詳細

 

5.介護サービス計画をつくる

介護支援専門員(ケアマネジャー)を選び、どのようなサービスをどのくらい利用するかという介護サービス計画(ケアプラン)をつくります。

 

6.サービスを利用する

介護サービス計画(ケアプラン)にもとづいて、サービスを利用します。原則として費用の1割が利用者負担となります。

介護サービスの利用(要介護1〜5)

介護サービスの利用(要支援1・2、非該当)