MENU
国立市の老人ホーム・介護施設を探す

 

要介護認定の更新手続き

最初の要介護認定(初回認定)の有効期間は、原則は申請日から6ヶ月です。(要介護認定の審査結果により3ヶ月〜12ヶ月の間で決められます)

 

この期間を過ぎた後も引き続き介護サービスを利用したい場合は、国立市の窓口で更新申請を行う必要があります。申請窓口は、最初の要介護認定の申請時と同じです。

 

最初の要介護認定の申請

 

国立市の介護

  • 更新の申請ができる期間は、有効期間満了日の60日前から満了日までの間です。 時期が近づいたら“更新のお知らせ”が届きます。
  • 更新の申請を行うと、あらためて、初回と同様の調査、審査、認定が行われます。
  • 更新認定の有効期間は、原則として12ヶ月です。(要介護認定の審査結果により3ヶ月〜12ヶ月(要介護認定の場合は24ヶ月)の間で決められます)

要介護認定の変更手続き

要介護認定の有効期間内に心身の状態が変化して、現在の要介護状態区分に該当しないと思われる状況になった場合は、国立市に要介護状態区分の変更申請を行うことができます。

 

申請窓口や手続きなどは、最初の要介護認定の申請、更新時の申請と同じです。

 

最初の要介護認定の申請