MENU
国立市の老人ホーム・介護施設を探す

 

介護サービスの利用(要支援1・2、非該当)

おもに地域包括支援センターが介護予防の支援を行います。

 

  • 要支援1・2と認定された人
    介護保険の介護予防サービスを利用することができます。

  • 非該当の人
    要支援・要介護になることを予防するために、国立市が行う地域支援事業を利用することができます。

要介護認定の通知からの流れ

要支援1・2の人

保健師などによるアセスメント

アセスメント表を使ったり、本人や家族との話し合いにより、利用者の状況を把握し課題を分析します。

サービス担当者との話し合い

利用者と家族、サービス担当者の三者で、目標を設定し、それを達成するための支援メニューを検討します。

介護予防ケアプランの作成

上の検討結果をもとに、介護予防ケアプランを決定します。

予防給付の介護予防サービスを利用

介護予防ケアプランに従って介護予防サービスを利用します。一定期間ごとに効果を評価し、プランを見直します。

 

非該当の人

保健師などによる簡易なアセスメント

チェックリストなどを使って、利用者の状況を把握し課題を分析します。

サービス担当者との話し合い

複数のサービスを利用する場合など、必要に応じてサービス担当者と話し合いを行います。

簡易な介護予防支援計画の作成

目標を設定し、利用するサービスを決定します。

国立市の地域支援事業を利用

国立市が実施している各種の地域支援事業から必要に応じて利用します。支援事業には、運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上、閉じこもり予防・支援、うつ予防・支援、認知症予防・支援などがあります。

民間業者の施設に入ることもできます

要支援1・2の人や非該当の人は、特別養護老人ホームのような公的な介護施設に入所することは難しいですが、民間の介護サービス付き施設には入所することができます。

 

要支援1・2や非該当でも、家庭事情などにより施設に入所したい場合は、民間施設を利用することになります。

国立市の介護施設・老人ホーム