MENU
国立市の老人ホーム・介護施設を探す

 

介護サービスの利用(要介護1〜5)

要介護1〜5に認定されると、介護サービスを利用することができます。

 

利用する場合は、在宅でサービスを利用する場合も、施設へ入所する場合も、ケアマネージャー(介護支援専門員)にケアプランを作ってもらう必要があります。

要介護認定の通知からの流れ

在宅でサービスを利用したい場合

  1. ケアマネージャー(居宅介護支援事業者)にケアプランの作成を依頼します。
  2. 「ケアプラン作成依頼届出書」を国立市に提出
  3. ケアプランの作成(ケアプランの作成は全額が保険給付で自己負担はありません)
     @まず、ケアマネージャーがケアプランの原案を作成します。
     A原案を基に、利用者、家族、サービス事業者、ケアマネージャーが検討し、
      より利用者や家族の希望や環境などに合った計画に近づけていきます。
     Bサービスの種類、利用回数などを盛り込み、利用者の同意を得たケアプランができあがります。
  4. 訪問介護、訪問看護などを行うサービス事業者と契約します。
  5. サービスの利用開始

 

施設へ入所する場合

  1. 入所を希望する介護保険施設に直接申し込んで契約します
  2. 入所した施設で、ケアマネージャーと話し合いながらケアプランを作ってもらいます。
  3. ケアプランに基づいてサービスの利用を開始します。

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャー資格(5年毎に更新)を持ち、幅広い介護の知識を持った専門家です。ケアマネージャーは次のような役割を担います。

  • 介護を必要とする人や家族の相談対応、アドバイス
  • 利用者の希望に沿ったケアプランの作成
  • サービス事業者への連絡や手配
  • 施設入所希望者に合った適切な施設の選択

国立市の介護施設・老人ホーム