介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

MENU
国立市の老人ホーム・介護施設を探す

 

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は、平成25年4月よりホームヘルパー2級の代わり新設された介護職員の入門資格です。
介護職員初任者研修では、生活援助や身体介護についての基礎的な専門知識と技術を学びます。
介護の現場で、実際に身体介護サービスを行うためには介護職員初任者研修を取得していることが必要となります。

介護職員初任者研修取得者の活躍の場

介護施設への就職をする際には、介護職員初任者研修以上の資格を持っている人を対象としているところがほとんどです。訪問介護事業所や特別養護老人ホーム、介護付有料老人ホームなどの福祉施設への就職の他、地域のボランティア、家族介護などの場面で学んだ知識を活かせます。

 

ベネッセグループ(ベネッセスタイルケア)、ニチイ学館などのように、資格取得講座、介護付き有料老人ホームの両方を運営している事業者もあります。

介護職員初任者研修を取得するには

介護職員初任者研修を修了するための研修項目、および研修時間数は、厚生労働省により、下の表のように定められています。
(研修実施時間は、130時間ですが、受講者の負担を考慮し、最大40.5時間まで通信形式での研修が認められています。)

 

多くの研修機関(研修会社)で、このカリキュラムに沿った研修を実施していて、これらから選択して受講するのが最も早く介護職員初任者研修を取得できる方法です。

科目名 研修時間 通信形式で受講
できる時間
1..職務の理解

6.0時間

0.0時間

2.介護における尊厳の保持・自立支援

9.0時間

7.5時間

3..介護の基本

6.0時間

3.0時間

4.介護・福祉サービスの理解と医療の連携

9.0時間

7.5時間

5.介護におけるコミュニケーション技術

6.0時間

3.0時間

6.老化の理解

6.0時間

3.0時間

7.認知症の理解

6.0時間

3.0時間

8.障害の理解

3.0時間

1.5時間

9.こころとからだのしくみと生活支援技術

75.0時間

12.0時間

10.振り返り

4.0時間

0.0時間

合  計

130.0時間

0.0時間

 

なお上記の130時間の研修とは別に、筆記試験による修了評価(1時間程度)が実施されます。

介護資格のステップアップ