MENU
国立市の老人ホーム・介護施設を探す

 

介護福祉士実務者研修とは

介護福祉士実務者研修は、介護職員初任者研修の上位資格にあたり、在宅・施設を問わず、介護職として働く上で必要となる、幅広い利用者に対する基本的な介護提供能力の修得を目的としています。

 

高齢化の進展や世帯構造の変化などにより、ますます質の高い介護サービスが求められるようになり、重要な介護資格となっています。

 

なお、介護福祉士実務者研修は、2016年度には介護福祉士資格の取得においての必須資格になります。

介護福祉士実務者研修修了者の活躍の場

訪問介護事業所や特別養護老人ホーム、介護付有料老人ホームなどの福祉施設で介護サービスを提供するのは介護職員初任者研修修了者と同じですが、介護福祉士実務者研修修了者は、介護職員基礎研修修了者や、介護福祉士と同様に、介護サービスの提供責任者として活動することができますので、仕事の幅が大きく広がります。

介護福祉士実務者研修を取得するには

介護職員初任者研修と同様、講義と演習による研修を受ける必要がありますが、すでに持っている資格によって免除科目があるため、受講者によって受講時間が異なります。

 

受講者 必要な受講時間
以下の介護資格を持たない受講者

450時間+医療的ケア演習

介護職員初任者研修修了者

320時間+医療的ケア演習

介護職員基礎研修修了者

50時間+医療的ケア演習

ホームヘルパー研修1級(訪問介護員研修1級)修了者

95時間+医療的ケア演習

ホームヘルパー研修2級(訪問介護員研修2級)修了者

320時間+医療的ケア演習

ホームヘルパー研修3級(訪問介護員研修3級)修了者

420時間+医療的ケア演習

 

詳細は以下の通り

教育内容 介護資格を持たない受講者 介護職員初任者研修修了者 介護職員基礎研修修了者
人間の尊厳と自立

5時間

   
社会の理解T

5時間

   
社会の理解U

30時間

30時間

 
介護の基本T

10時間

   
介護の基本U

20時間

20時間

 
コミュニケーション技術

20時間

20時間

 
生活支援技術T

20時間

   
生活支援技術U

30時間

   
介護過程T

20時間

   
介護過程U

25時間

25時間

 
介護過程V(スクーリング)

45時間

45時間

 
発達と老化の理解T

10時間

10時間

 
発達と老化の理解U

20時間

20時間

 
認知症の理解T

10時間

   
認知症の理解U

20時間

20時間

 
障害の理解T

10時間

   
障害の理解U

20時間

20時間

 
こころとからだのしくみT

20時間

   
こころとからだのしくみU

60時間

60時間

 
医療的ケア

50時間+演習

50時間+演習

50時間+演習

合  計

450時間+医療的ケア演習

320時間+医療的ケア演習

50時間+医療的ケア演習

 

教育内容 ホームヘルパー研修1級修了者 ホームヘルパー研修2級修了者 ホームヘルパー研修3級修了者
人間の尊厳と自立      
社会の理解T      
社会の理解U  

30時間

30時間

介護の基本T    

10時間

介護の基本U    

20時間

コミュニケーション技術  

20時間

20時間

生活支援技術T      
生活支援技術U    

30時間

介護過程T    

20時間

介護過程U  

25時間

25時間

介護過程V(スクーリング)

45時間

45時間

45時間

発達と老化の理解T  

10時間

10時間

発達と老化の理解U  

20時間

20時間

認知症の理解T  

10時間

10時間

認知症の理解U  

20時間

20時間

障害の理解T  

10時間

10時間

障害の理解U  

20時間

20時間

こころとからだのしくみT    

20時間

こころとからだのしくみU  

60時間

60時間

医療的ケア

50時間+演習

50時間+演習

50時間+演習

合  計

95時間+医療的ケア演習

320時間+医療的ケア演習

420時間+医療的ケア演習

介護資格のステップアップ