ケアマネージャー(介護支援専門員)

MENU
国立市の老人ホーム・介護施設を探す

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは

介護支援専門員(ケアマネージャー)は、2000年4月開始の介護保険制度で設けられた職種で、居宅介護支援事業所や介護保険施設、小規模多機能型居宅介護事業所などに所属します。

 

業務としては、専門職として、要支援・要介護の本人や、その家族からの相談に応じて、適切な介護サービスを受けるために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。
また、ケアプラン作成後も、その実施状況をフォローします。具体的には、本人や家族の希望に沿った適切なサービスを利用できるように、市区町村や居宅サービス事業者、介護保険施設などとの連絡や調整を行います。

 

このように、ケアマネージャー(介護支援専門員)は、ケアプランの立案、サービスの調整、モニタリングなど、扱う業務の幅が広く、介護保険制度の中でも、中核を担う専門職(専門員)です。

 

介護福祉士やヘルパーなど介護・福祉関連の仕事に就いている人のキャリアアップ資格としても人気があります。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の受験資格

ケアマネジャー試験は、受験申込時に送付した書類による審査を通過しなければ受験ができません。受験するには、次の2つの、どちらかを満たしている必要があります。

 

国家資格と通算5年以上の実務経験

以下の国家資格等を取得しており、かつ、通算5年以上の実務経験があれば、ケアマネジャー試験を受験することができます。

医師、歯科医師、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、歯科衛生士、言語聴覚士、栄養士、管理栄養士、義肢装具士、あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師

 

相談援助業務や介護業務で一定期間の実務経験

上記の国家資格等を取得していない場合は、相談援助業務や介護業務に従事していて、一定期間の実務経験があれば、ケアマネジャー試験を受験することができます。

 

実務経験は、その職種により、5年以上(かつ900日以上従事、国家資格の場合は登録日起算)または10年以上(かつ1,800日以上従事)が必要となります。
詳細は受験案内(「受験の手引き」など)でご確認ください。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の試験概要

ケアマネジャーになるには試験合格後に各都道府県で実施される実務研修課程を修了し、登録ののち、介護支援専門員証の交付を受けることが必要です。

実施時期 年1回。例年、10月の日曜日に実施
受験地 申込み日現在、受験資格に該当する業務・職種に従事している場合は、その勤務先のある都道府県。従事していない場合は、居住している都道府県。
願書受付 試験の2〜4ヵ月前
合格発表 試験の1〜2ヵ月後
試験形式 ほとんどの都道府県がマークシート方式で、5肢択複式が多い
出題内容
  • 介護支援分野       25問
  • 保健医療サービス分野基礎 15問
  • 保健医療サービス分野総合  5問
  • 福祉サービス分野     15問  計60問
合格基準 介護支援分野で6割〜7割程度、保健医療分野と福祉サービス分野で、受験した分野の合計点の6割〜7割程度(ただし、問題の難易度によって毎年補正される)

介護資格のステップアップ